フロン 法 ポータル サイト。 FAQ

フロン排出抑制法の対象機器は何ですか?また、点検などの義務や罰則について教えてください。

フロン 法 ポータル サイト

例3 新設合併の場合 特に4月1日付について A社とB社が合併して報告年度の4月1日付けでC社 新設会社 となる場合、算定漏えい量報告はC社の責務です。 点検・整備記録簿(ログブック)• 出典:フロン類算定漏えい量報告・公表制度説明会資料(平成28年5月、環境省・経済産業省) | 一定規模以上の第一種特定製品を対象とした定期点検 第一種特定製品のうち、 圧縮機に用いられる電動機の定格出力が7. 静岡県解体工事業協会054-260-7711 行程管理票制度全体の流れ 令和2年4月以降. (改正点) ・フロン類の回収依頼書の写し・委託確認書の写し,引取証明書を保存しないと罰金(30万円以下)の適用対象となります。 使用場所や使用用途ではなく、その機器が業務用として製造・販売されたかどうかで判断されます。 2 第一種特定製品の整備者• 法第76条~85条の情報処理センター機能• A 176 複数の管理者から引取ったフロン類を一つのボンベで再生業者又は破壊業者に引渡す場合には、再生証明書又は破壊証明書の送付・回付等の際に以下のどちらかの対応とするよう、充塡回収業者と再生業者又は破壊業者の間で事前に調整しておくことが必要です。 6キロバイト)• フロン排出抑制法の対象となる「管理者」とは、原則として 機器の所有者です。 ただし、車の荷台の冷蔵冷凍機、特殊車両のエアコンは第一種特定製品。

次の

FAQ

フロン 法 ポータル サイト

環境省のホームページに名簿が掲載されています。 内蔵型ショーケース コンデンシングユニットが内蔵されている。 2 引取証明書の写しや確認証明書の写しの保存 【改正点】 引取証明書の写しや確認証明書の写しを3年間保存してください。 機器廃棄時のフロン回収の徹底、行程管理票(回収依頼書等)の発行保管 3年間• (改正点) ・ 引取証明書の原本は,第一種特定製品の廃棄等実施者に交付・送付すること。 さらに、2018年12月、環境省は機器の廃棄時の回収が予定通りの数値に達していない現状を受け、企業への罰則を強化すると発表しました。 下記の具体例を参考に、この機に対象機器が社内のどこにどれだけあるのか調査を行いましょう。 Q 150 フロン排出抑制法第42条の確認や説明の対象とならない「第一種特定製品が設置されていないことが明らかな建築物その他の工作物」とは具体的にはどのようなものを指すのか。

次の

フロン排出抑制法の対象機器は何ですか?また、点検などの義務や罰則について教えてください。

フロン 法 ポータル サイト

機器廃棄時のフロン回収の徹底、行程管理票(引取証明書等)の発行保管 3年間 建築物解体業者の義務 建築物解体に関する元請業者は以下の事項に取り組まなければなりません。 フロン類の漏えい発生時の対応• 詳しくは環境省のホームページをご覧ください。 スクリュー冷凍機 低温用から空調用まで幅広い利用が可能な冷凍機。 ちらし・参考様式等• 冷蔵倉庫、冷凍プラントなどで使用。 また、点検の記録は、機器を廃棄するためのフロン類の引渡しが完了した日から3年間保存してください。 作業を行う都道府県の知事の登録が必要となります。 ) 冷凍冷蔵機器の他、オフィス等の空調機も対象になります。

次の

フロン排出抑制法に関するお知らせ

フロン 法 ポータル サイト

(定期点検) 製品区分 圧縮機に用いられる原動機の定格出力又は圧縮機を駆動するエンジンの出力の区分 点検の頻度 冷蔵機器及び冷凍機器 7. (3)ユーザーからフロン類の充塡回収業者への引渡しを依頼され、「委託確認書」の交付を受けた場合。 執筆者プロフィール(執筆時点) 石田 みずき(いしだ みずき) アミタ株式会社 サステナビリティ・デザイングループ マーケティングチーム 滋賀県立大学環境科学部を卒業後、アミタに入社。 このように、オゾン層破壊の原因となるCFC、HCFCは温室効果もあり、現在は 生産・輸入が規制されています。 この場合、予め充塡回収業者から再生業者又は破壊業者に対し管理者の氏名等の情報が提供され、その情報が各々の証明書に記載の上送付されることで、充塡回収業者による迅速な回付が期待されます。 機器廃棄時の廃棄物等業者への行程管理票(引取証明書または確認証明書)写しの交付 フロン類充填回収業者の義務 フロン類の充填や回収の作業を行う場合、事前に県への登録が必要です()。 9キロバイト) 5 廃棄物・リサイクル業者(第一種特定製品引取等実施者)の責務(令和2年4月以降) 第一種特定製品のユーザーから、有償又は無償で引き取るときには、フロン類が回収されていることを確認してください。

次の

フロン排出抑制法の改正内容

フロン 法 ポータル サイト

<参考資料>• CFC、HCFCの代わりとなる代替フロンとして HFCへ転換が進められましたが、HFCはオゾン層破壊の原因にはならないものの、 二酸化炭素の100倍から10,000倍以上の 温室効果があることが問題となり、地球温暖化防止のために 既存のフロン使用製品によるフロン排出の抑制・低 GWP(地球温暖化係数)化・ノンフロンや温室効果の低い物質への転換が今後の課題となりました。 また、適正性が確認された講習の実施団体等については、環境省及び経済産業省のホームページにて順次掲載される。 業務用冷凍空調機器の据付や修理の際にフロン類を充塡(補充を含む。 (原則は「所有者」が対象ですが、例外として契約書等の書面において、「保守・修繕の債務(法的債務を含む)を所有者以外が負うこと」とされている場合は、請け負った者が管理者となります。 本システムの本格運用は、フロン排出抑制法の施行日である4月1日からですが、既にフロン類の回収登録を受けている業者の方は2月2日より当機構ホームページ()にて、利用者登録が可能となります。 5kW以上50kW未満の機器 3年に1回以上 ウ 漏えい防止措置、修理しないままの充塡の原則禁止• 現状のフロンガス回収量は3割と言われており、このままのペースだと 2020年おけるフロンガスなどの排出量は現在の約2倍になると予測されます。

次の

フロン排出抑制法の対象機器は何ですか?また、点検などの義務や罰則について教えてください。

フロン 法 ポータル サイト

フロン類充填回収業者は主に以下の事項に取り組まなければなりません。 十分な知見を有する者に当たる者の水準の例としては、具体的には、次のA~Cがあります。 機器整備の際に、整備業者等の求めに応じて当該記録を開示してください。 機器を点検すること• 1 解体する建物の業務用のエアコン・冷凍冷蔵機器の有無の事前確認• (一般財団法人 日本冷凍空調設備工業連合会)• 管理者は管理する機器に関する情報、点検や修理の実施状況、充塡・回収したフロン類の情報等について 機器(室外機)ごとに記録を作成し、機器を廃棄するまで保管する必要があります。 フロン排出抑制法について、詳しくは• しかし、代替フロン類は、オゾン層を破壊しませんが、特定フロンと同様に強い温室効果(CO2の数十倍から一万倍超)を有すると言われています。 。

次の

フロン類使用機器を取り扱う皆様へ~フロン排出抑制法~ / 佐賀県

フロン 法 ポータル サイト

3 書類の保存義務違反 【改正点】 フロン類の回収依頼書の写し、委託確認書の写し、引取証明書を保存しなかった場合、30万円以下の罰金が科せられます。 5kW以上 1年に1回以上 エアコンディショナー 50kW以上 1年に1回以上 7. 名称はとなっております。 (PDF:72. 管理者とは、冷媒としてフロン類を使用した業務用冷凍空調機器(第一種特定製品)の保守・修繕等、機器の使用について管理の責任を有する者で、主に第一種特定製品の所有者が該当します。 2001年「フロン回収・破壊法」制定 正式名称:特定製品に係るフロン類の回収及び破壊の実施の確保等に関する法律 業務用のエアコンディショナー、冷蔵機器、冷凍機器でフロン類が充てんされているものを「第一種特定製品」と規定し、これらの整備時や廃棄時のフロン類の回収、回収されたフロン類の破壊を基本内容としています。 ・引取証明書の原本を交付することとされていた第一種フロン類引渡受託者(設備業者,解体業者,廃棄物・リサイクル業者)には, 引取証明書の写しを交付すること。 ちらし・参考様式等• イメージ:業務用エアコン 2015年4月に施行された「フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律」(以下、「フロン排出抑制法」)によって、対象機器の所有者は、機器の点検や漏えい量の報告などが義務付けられています。

次の

フロン排出抑制法の対象機器は何ですか?また、点検などの義務や罰則について教えてください。

フロン 法 ポータル サイト

機器の圧縮機に用いられる電動機の定格出力 定期点検の頻度 7. 注意してください (リンク) に掲載されています。 (工事の発注者から充塡回収業者へのフロン類引渡しを受託した場合) (2)の「」も参照してください。 【改正点】 機器を廃棄した後も記録を3年間保存してください。 Q 136 都道府県Aと都道府県Bの両県で充塡回収業者の登録を受けた充塡回収業者が、都道府県Aで回収したフロン類について、法第50条第1項ただし書の規定により自ら再生した上で都道府県Bで充塡を行った。 漏えい防止措置(整備)後のフロン充填の徹底、整備時の充填回収証明書の発行• 機器を使用しているとき ・保有する機器の点検を実施してください。 そこで、2019年1月に下記の通り、弁護士の香川氏をお招きし、罰則規定について特別講演を行います。

次の